箱根湯宿 然-ZEN-の客室から見える黄昏の富士山

「箱根仙石原に、とても綺麗に富士山が見えるこだわりのお宿がある!」ということで、箱根湯宿 然-ZEN-に行って参りました。

箱根湯宿 然-ZEN-の外観

箱根湯本から箱根登山鉄道に乗って強羅へ。

強羅からはケーブルカーで早雲山まで向かい、ロープウェイに乗り継いで姥子へ。

姥子から送迎車で約3分の場所に「然-ZEN-」があります♪

箱根湯宿 然-ZEN-の看板

シンプルでオシャレな外観ですね!

箱根湯宿 然-ZEN-の外観

エントランスから、然-ZEN-の世界に突入です★

箱根湯宿 然-ZEN-の玄関

箱根湯宿 然-ZEN-の内観

入口には、間接照明で柔らかな光をまとった受付スペースがあります。

箱根湯宿 然-ZEN-の受付

おしゃれ空間の始まりです♪

そのまま右手奥に進むと、バーカウンターを備えたロビーに到着!

箱根湯宿 然-ZEN-の待合室

晴れていれば、ロビーから富士山が見えますよ★

箱根湯宿 然-ZEN-の客室から見える黄昏の富士山

ウエルカムドリンクにはノンアルコールカクテルも選べます!

箱根湯宿 然-ZEN-のウェルカムドリンク

部屋につながる廊下は、間接照明が施されていて夜はとっても幻想的!

箱根湯宿 然-ZEN-の廊下

箱根湯宿 然-ZEN-の部屋

光溢れる明るく温かみのある室内★

箱根湯宿 然-ZEN-のリビング

ワンルームの中に、リビングソファーとベッドが置かれています。

ベッドの色は、お部屋の暖かい雰囲気にベストマッチ!

箱根湯宿 然-ZEN-のベッド

然-ZEN-オリジナルのお茶と豆菓子。

箱根湯宿 然-ZEN-のお茶とお菓子

売店でも購入できますよ!

コーヒーはIllyブランド、マシンで淹れる本格的なカプセルコーヒーです!

箱根湯宿 然-ZEN-のコーヒーメーカー(イリ―)

冷蔵庫の中のドリンク(プレミアムモルツ、なんと2本も!)は全てサービスです★

ドリンクフリーの冷蔵庫

アメニティは男性用、女性用ともにクラシエのもの。

箱根湯宿 然-ZEN-のアメニティ1(洗面所)

個別のアメニティもオシャレなデザインですね!

箱根湯宿 然-ZEN-のアメニティ2(洗面所)

箱根湯宿 然-ZEN-の温泉・浴場

各部屋についている半露天風呂から見える富士山。

箱根湯宿 然-ZEN-の客室から見える富士山

この日はしばらく雲に覆われていましたが、顔を出してくれました!

こちらが部屋付きの露天風呂です。

箱根湯宿 然-ZEN-の露天風呂1

然-ZEN-には大浴場はありませんが、全ての部屋に露天風呂がついているので室内でゆったり過ごしたい方には丁度良いかも!

蓋を開けると、温泉が掛け流しになっています♪

箱根湯宿 然-ZEN-の露天風呂2

なんて贅沢なんでしょう★

お風呂の横には濡れても大丈夫な寛ぎスペースも!

箱根湯宿 然-ZEN-の露天風呂3

バス用アメニティは、おしゃれパッケージが素敵なシアバター入りオーガニック。

箱根湯宿 然-ZEN-のアメニティ(シャワールーム)

ハーブの香りに満たされ、使用後の髪のツヤ、肌のしっとりさには驚きでした!

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食(ディナー)

夕刻の富士山、とても綺麗ですね★

箱根湯宿 然-ZEN-の客室から見える黄昏の富士山

ディナーはこちらの個室でいただきました。

箱根湯宿 然-ZEN-の食事をする場所

お醤油差しの奥にあるスポイト容器は、なんと燻製にしたお醤油なんです!

箱根湯宿 然-ZEN-の食堂の醤油

お醤油の燻製なんて初めての体験!

こくがあり、まろやかなお醤油でした。

お箸に乗せられている本日のメニュー表。

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食のメニュー表

こんな風に閉じてあると、開けるのにワクワクしますよね♪

本日はこちら★沢山出るんだな~!

メニュー

食前酒の梅酒です。

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食の食前酒

水割りになっていて、とても飲みやすかったです。

先附は白身魚の南蛮漬けです。

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食の先付け

お出汁は甘さとほのかな酸味があり、揚げ方も絶妙で相性抜群!

前菜はこちらの5品。

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食の前菜

右上のツブ貝と筍のヌタ和えは、甘さの強いのぬたが絡めてあり、素材の食感がしっかり味わえます!

左上の烏賊の三升漬けは塩気が優しくていくらでも食べれそうです。イカのねっとりした噛み応えが抜群な食感★

左下のごぼう牛肉はうす味でごぼう感がしっかりあり、上に乗せられた姫大根の生ハム巻きは、瑞々しい大根に生ハムの燻製感が纏われて丁度良い塩気。

下中央のフォアグラ雲丹まぶしは、サトイモの上品な味にフォアグラと雲丹の濃厚な風味がバランスよく馴染んでいました♪

右下の蕪のべったらは、あっさりした味わいとしゃきしゃき食感で箸休めにぴったりでした。

椀物の春小鯛真丈です。

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食の椀物

人参の下に見えるのは鯛の切り身で、中にふわふわの練り物が包まれています。

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食の椀物1

真丈を口に入れると練り物が優しくホロっとほどけるような食感でした!

カツオと柚子が優しく香るお出汁は塩気がちょうど良く、チンゲン菜やニンジンのシャキシャキ食感がしっかりとしたアクセントに★

御凌ぎ(おしのぎ)です。

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食の御凌ぎのふぐの燻製

お赤飯に、煮椎茸、ふぐの燻製、菜の花、しんみり餡が合わせてあります。

ふぐの燻製は小さいのに力強さがあり、噛むほどに味が溢れ出てきます♪

優しいお出汁で作られた温かいしんみり餡と赤飯のモチモチ感がマッチしていて、椎茸や菜の花の食感から春を感じました★

はじかみは甘みが少なく酸味があり、全体を引き締めてくれます。

向付のお造りです!

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食の向付(お造り)

菱形のかつらむき大根の上にお刺身が綺麗に並べられています。

まぐろは脂がしっかり乗った中トロで、口に入れた瞬間とろけました!

鯛はムチムチしていて甘みと深みがあり、アオリイカはねっとりしていて美味しいです★

それぞれに燻製醤油をつけると風味が変わりますが、個人的にはイカと鯛に合うのではないかと感じました。

小菜は、焼きりんごを使ったアレンジメニュー♪

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食の小菜(焼きリンゴのホワイトソース)

青森産の紅玉りんごの存在感が半端なく、インパクト大のお料理。

紅玉の中身をくり抜いて、その中にホワイトソースとしめじ、ホタテを入れてグラタンにしたものです!

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食の小菜(焼きリンゴのホワイトソース)1

優しい味の「グラタンと丸ごとりんごのコラボレーション」って面白い!と思いました。

蒸し物です。

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食の蒸し物(かぶら蒸し)

出汁のきいた銀餡の中に、かぶら蒸し、ふっくらしてきめ細かい金目鯛、甘いお芋のような食感の百合根、ほのかな苦味の銀杏、うまみたっぷりの蟹がバランスよく入っています★

すりおろした蕪のしゃきっふわっな食感と、ピリッとした山葵がでうまく全体をまとめています。

台の物はすき焼き♪

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食の台の物(牛すき鍋)

タレは濃いめのお味で、適度にサシの入った牛肉からは肉の味をしっかり感じられました。

お鍋ってなんでこんなにもテンションが上がるのでしょうか!?(笑)

留鉢は蒸し鶏の白菜巻き。

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食の留鉢(蒸し鶏)

優しいバンバンジーのような中華風の胡麻ダレが鶏肉と白菜に絡んで美味しかったです。

下にはシャキシャキの白菜、上には芽キャベツやパプリカと、色々な食感が一度に楽しめました★

食事(ご飯、香の物、赤出汁)です。

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食の食事(ごはんセット)

ご飯は甘みがあって粒感しっかりに炊かれていました。

赤出汁は出汁がしっかりしていてバランスが良く、本当に美味しかったのでおかわりしてしまいました!

漬物は塩気や酸味が丁度良く、そのままでも沢山食べたいと思う味でした。

ご飯やみそ汁、漬物など、基本的なものがとても美味しいって素晴らしいですよね!

デザートはいちごヨーグルト★

箱根湯宿 然-ZEN-の夕食のデザート(イチゴのヨーグルト)

良い意味で想像していたものと違い、おしゃれ感のある見た目でした!

ヨーグルトの酸味が極限まで抑えられています。

なめらかさと甘みが丁度良くて、なんと中にはオレンジが入っていましたよ!

夕食が終わったタイミングで「料理長からお夜食です!」と手渡されたのは小さめサイズのいなり寿司。

箱根湯宿 然-ZEN-のお夜食(稲荷ずし)

とっても嬉しい心遣いですね♪

酸味の効いた寿司飯を優しい甘さのお揚げで包んだ可愛い三角形いなり。

一口サイズで食べやすく、パクっペロリと平らげてしまいました。

お料理ひとつひとつにきめ細やかな心遣いを感じる素敵な夕食でした!

とっても美味しくて、楽しい時間を過ごすことができました★

箱根湯宿 然-ZEN-の朝食

朝食の全体図です。

箱根湯宿 然-ZEN-の朝食の全体像

右上の割り干し大根はざっくりしていて味が適度に染みています。

右下のひじき煮は味がしっかり馴染んでいて水気や油気がなく、毎日食べたい優しい美味しさです。

中央の出汁巻き玉子は形をしっかり保っているのに、口に入れた瞬間に甘めのお出汁がじゅわっと溢れました!

作り方教えてください!(真剣)

中央下のめかぶとろろの中にはマグロと納豆が入っていて、このままでもご飯にかけても美味しいおかずでした★

ほうれん草のお浸しのアップです。

箱根湯宿 然-ZEN-の朝食のホウレンソウのお浸し

茹で加減が丁度良く、しゃきしゃきと硬めに仕上げられていてとても美味しい。

出汁が効いてて、ほうれん草の素材の良さを引き立てています。

煮物の蓋をあけたところ。

箱根湯宿 然-ZEN-の朝食の煮物

豆腐が柔らかく、たけのこは優しいお出汁の味がしっかり染みていて上品。

人参や菜の花は、それぞれ別に仕上げたものを合わせています。

ご飯とあさりの味噌汁です。

箱根湯宿 然-ZEN-の朝食のごはんセット

ご飯は硬めで、味噌汁はあさりの出汁がしっかり出ていて味噌が薄めで飲みやすい!

夕食に続き、朝食でもみそ汁をおかわりしちゃいました★

白菜の浅漬けは自然の乳酸発酵の風味でいくらでも食べられそうな味。

あとから運ばれてきたのは茶碗蒸し?…と思ったら、なんと蒸し豆腐!

箱根湯宿 然-ZEN-の朝食の温豆腐

生姜の香りのとろみ餡がかかったなめらかなお豆腐でした。

鯖とメザシです。

箱根湯宿 然-ZEN-の朝食の魚

鯖は適度に脂がのっており、メザシは水分が適度に残るように柔らかく焼き上げられていて美味しかったです。

「メザシって美味しいんだなぁ!」とメザシの魅力を知った瞬間でした★

蒸し野菜とアンチョビソース。

箱根湯宿 然-ZEN-の朝食のバーニャカウダ

野菜の持ち味を活かした蒸し加減で、かぼちゃとカリフラワーはホクホク、キャベツと玉ねぎ、アスパラはシャキシャキです。

オリーブオイルの香り豊かな自家製アンチョビソースと、燻製醤油をつけて美味しく頂きました。

デザートはプリン!

箱根湯宿 然-ZEN-の朝食のプリン

カラメルが滋味深く、やさしい甘さプリンと相性抜群★

ぷるっぷるで口どけが良く、とっても美味しいデザート。

デザートまでも工夫を凝らしてあり、大満足の「然-ZEN-」の朝食でした!

箱根湯宿 然-ZEN-の料金・アクセス方法・住所・客室数・予約情報

施設名 箱根湯宿 然
URL https://www.hakone-zen.com/
予約方法 ①インターネット
※公式サイト、一休ドットコム、じゃらんなど

②電話:0460-84-2400

住所 〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1245-96
アクセス方法 ①車で行く場合
・東京方面から
東京IC→厚木IC→御殿場IC→国道138→仙石原交差点右折→箱根湯寮然
(約1.5時間)

・関西、名古屋方面から
各IC→御殿場IC→国道138→仙石原交差点右折→箱根湯寮然
(名古屋ICから約3時間)

②電車で行く場合
・東京方面から
東京駅→東海道新幹線で小田原駅→伊豆箱根バスで姥子→無料送迎バス
(約1.5時間)

・関西、名古屋方面から
大阪駅or名古屋駅→東海道新幹線で小田原駅→伊豆箱根バスで姥子→無料送迎バス
(大阪駅から約4時間)
無料送迎 アリ
駐車場 アリ
客室数 全9室
キャンセル料 5~7日前:50%

3~4日前:70%

前日~2日前:80%

不泊、当日:100%

運営会社 箱根湯宿 然
https://www.hakone-zen.com/