見出しの後に、見出しをなぞった文章は不要

特徴①あああ

1つ目の特徴はあああです。 ←見出しをなぞった文章となるため、いらない(不要)

PREPのRE、SDSのDをお願いします。

PREPのRE、SDSのDについて

・PREP:P(Point:結論)、R(Reason:理由)E(Example:事例、具体例)P(Point:結論を繰り返す)

・SDS:S(Summary:要点)D(Detail:詳細)S(Summary:要点)

という文章作成のフレームがあります。

見出し(hタグ)はPやSの役割を果たしています。

ですので、見出し(P・S)の下には、

・Reason ・ Exampleを書くようにしてください。
(もしくはSDSの Detail を書く)

文章の締め・まとめとしてのPやSは不要です。

例1)

パターン①:財産分与が複雑化する

財産分与の複雑化とは次のようなことです。



このように複雑化する理由は…
例えば…

例2)

デメリット①:底地を担保に融資をしている金融機関は少ない

理由は、流動性が低いからです。

流動性とはどういうことかというと・・・

不動産の活用方法には、次のような方法があります。



例3)

ポイント①:化粧水は肌に優しい無添加のものを選ぶ

理由は、〇〇だからです。

〇〇とは…
例えば、…

無駄を無くして、詳しい情報を記載

⇒見出しに書いてある内容は繰り返さず、無駄を無くして、詳しい情報を記載してください。

見出し直下では、その見出しについて具体的で分かりやすい解説をお願いします。

例えば、“理由を説明する”、“どういうことなのか(メカニズム)を説明する”、といったことをしてください。

専門用語の場合は

・見出しに書いてある名詞が専門用語
・読み手にとって難解な言葉(分からない人が多い言葉)
・初見(この記事では初めて出てきた)

この場合は、専門用語とは…で文章をスタートさせて、名詞について分かりやすい解説をお願いします。

例)
デメリット①:底地を担保に融資をしている金融機関は少ない

底地とは…。