「2018年10月に河口湖に新しく”ふふ”ができたみたいだけど、どんなところ?」、「河口湖のふふって、富士山が見えるホテルみたいなんで行ってみたい」と思っていませんか?

このブログは、スモールラグジュアリーホテル「河口湖”ふふ”」に行った口コミ体験談をつづった宿泊記です。

河口湖ふふに行く前に、参考にしてみてくださいね。

一休でふふ河口湖の割引プランをチェックする

河口湖ふふに到着♪その外観は・・・?

12月中旬、河口湖ふふへ行ってまいりました。

山梨は空気が澄んでいました。

河口湖駅からタクシーで約15分の場所です。

こちらが河口湖ふふの全体像です。

エントランスには薪がディスプレイの様に積まれています。

エントランスの横から見た景色がこちら。

ふふの庭です。

一休でふふ河口湖の割引プランをチェックする

河口湖ふふのホテル内観、ロビーはこんな感じ♪

この空間がロビー!

館内に一歩足を踏み入れると、木や植物いっぱいの空間が広がっています。

まるでナチュラル感漂うオシャレカフェのようです。

インテリアにもこだわっています。

いたるところに薪があります。

こちらはロビーに隣接しているお土産売場。

ふふの館内で使用されているアメニティ、おしゃれ雑貨などを購入することができます。

ロビーからテラスに出ると宿泊棟がみえました。

こちらはロビーの奥にあるカフェバーです。

照明にこだわりが感じられますね。

ロビーから宿泊棟へ移動します。

こちらがロビー側から見た図です。

通路は上り坂になっています。

↓↓↓

こちらは宿泊棟側からロビー側を見た図です。

一休でふふ河口湖の割引プランをチェックする

さぁ、いよいよお部屋へ!

河口湖ふふの部屋とアメニティを徹底チェック♪

扉を開けて入るとガラス張りで光いっぱいの明るいお部屋でした。

富士山がきれいに見えました!!

これが見たくて来たといっても過言ではありません。

こちらは客室露天風呂へつながる洗面台です。

アメニティのディスプレイがオシャレ♪

こちらはアメニティの1つ、化粧水です。

ふふのオリジナルで、何とナチュラルな素材だけで出来ていますよ!

室内に露天風呂があります。

手前にある丸いものはバイオエタノール暖炉。

↓↓↓
夜にバトラーの方に来てもらい、バイオエタノールを注いで点火してもらいます。

う~ん、幻想的♪

露天風呂の底には溶岩石が敷かれています。

露天風呂側から室内をみると、まるでモデルルームのようなくつろぎ空間が!

寝室にはシモンズのベッドが2つ。

撮影前に布団をめくってしまいました・・・

クッションが沢山置かれていて使い方は自由。

ツインルームなので、このダブルベッドが2つ。

トイレです。

おお、こんなところにも富士山がいましたよ★

ちなみに館内のトイレのペーパーは、全てこのような『富士山折り』になっていました。

細やかな演出がすごい!!

河口湖ふふの温泉(大浴場)

大浴場は勿論温泉です。室内は綺麗に保たれ、清潔です!

女性のお風呂にはミストサウナもあり、美容にいいですね。

男性のお風呂にはドライサウナがあります。

お風呂上りに楽しめるアイスやドリンク。

なつかしいコーヒー牛乳も★

それから溶岩石ミネラルたっぷりのお水も。

それからそれから、アイスバーもありました♪

これは夕食前だけど、食べちゃいますね!

一休でふふ河口湖のプランをチェックする

満足!河口湖ふふの夕食(ディナー)の口コミ

館内レストラン『山のは』でいただきます。

2人並んで座れるお席でした。

今回のメニューです。ワクワクが止まりません!

店内は高低差があり、向かい合って座れるお席もありました。

目前のレンガの高さが丁度良く、プライバシーが保たれています。

ドリンクメニューも充実。何とペアリングメニューがありました。

今回はシャインマスカットジュースと赤ぶどうジュース。


ぶどうジュースがとても濃厚でした。

ではお料理スタート!

まずは、薪で焼かれた安納芋と海鮮オイル焼きです。

溶岩の熱でぐつぐつした状態でテーブルへ。

こちらが溶岩。

お皿に取り分けてくれます。

バケットには山椒の効いた醤油バターを添えていただきます。

これが丁度良い塩加減で美味しかったです。

タコがぷりぷり!

安納芋、ほくほく!

かぶらのすり流し。

体に染み渡るような優しさです。

山の幸、海の幸として出てきたお料理たち。

5つのバランスが良く、それぞれの食感、味の濃度、口の中への広がり感など・・・良く考えられていると思いました。

玉地蒸しの蓋を開けたところ。

フォアグラの玉地蒸し。

和食にうまくフォアグラが溶け合っていました。

寒鰤のサラダ仕立て。

奈良漬けの入ったサラダを鰤で巻いていただきます。

脂がのっていて弾力があり、サラダとの相性抜群。ワサビや、ちり酢を絡めると一味違った風味を味わえます。

溶岩でジュージュー焼かれた富士桜ポーク。

ベリーソースでいただきます。

お口直しに子持ち昆布の松前漬け。

山梨牛にローズマリー、タイム、セルフィーユの香りを溶岩で焼き付けます。

取り分けて、赤ワインソースや揚げニンニクとともに頂きます。

脂がほどよく乗った山梨牛。

そのまま何もつけなくても美味しい!

カニと黄韮の釜炊きご飯と赤だし。

中華のような雰囲気をもつお味でした。

ごはんとみそ汁はお替り自由♪

そして最後に、デザートのおせんべいアイス。

添えてあるのは蕨餅に、いちごのキャラメルソースなど和洋折衷な印象。

バランスが絶妙でした。

一休でふふ河口湖のプランをチェックする

朝も満足!河口湖ふふの朝食の口コミ

部屋から朝の富士山。

・・・綺麗です。

これを見に来たんですよね。

さて、朝食ですが、昨夜と同じ『山のは』でいただきます。

こちらは厨房です。

厨房の中には薪があり、溶岩を熱して調理したり、ご飯を炊いているそうです。

オープンキッチンではありませんが、入り口付近にあるので、山のはに入るときはこれからの食事にワクワクし、美味しい食事を頂いた後にありがとうの意味を込めて、ごちそうさまでしたと、自然に挨拶をしたくなります。

朝の店内の様子。

昨夜とは印象が全然違いますね!

朝食は和食なのですが、創作和食で1つ1つのお料理がとても洗練されていました。

まずは富士山の湧き水で作られた名水ゼリー。

りんごの風味でさっぱり頂けました。

お次のチーズグラタンは絶品。お豆腐蒸しも上品。

富士5湖をイメージした器に彩られたお料理たち。

地卵は1人2個ずつ。

黄身がこんもりしていて美味しかったです。

朝食が全て並んだところ。

麦ごはんとけんちん汁、とろろはなんとお替り自由!!太っ腹です★

ひとつひとつのクオリティーが高く、大満足の朝食でした!

一休でふふ河口湖の割引プランをチェックする

河口湖ふふの料金・アクセス方法・住所・客室数・予約情報

施設名 ふふ河口湖
URL https://www.fufukawaguchiko.jp/
予約方法 ①インターネット
※公式サイト、一休ドットコム、じゃらんなど

②電話:0557-86-3883
住所 〒401-0304 山梨県南都留郡富士河口湖町河口字水口2211-1
アクセス方法 ①車で行く場合
・東京方面から
東名高速道路の御殿場IC(静岡県)→東富士五湖道路の富士吉田IC(約2時間)

・関西、名古屋方面から
各道路の小牧JCT(愛知県)→東名高速道路の御殿場IC(静岡県)→富士五湖道路の富士吉田IC(約4時間)

②電車で行く場合
・東京方面から
各線「新宿駅」→JRで大月駅→富士急で河口湖駅→タクシー(約2.5時間)

・関西、名古屋方面から
新幹線でJR新富士駅→河口湖行富士急バスで河口湖駅→タクシー(約2.5時間)
無料送迎 ナシ
駐車場 アリ
客室数 全32室
キャンセル料 7日前:20%

5日前:50%

前日・当日:80%

不泊:100%(連絡をしなかった場合)
運営会社 株式会社 カトープレジャーグループ
https://www.kpg.gr.jp/