オーガニックの日焼け止め日差しの強い夏だけでなく、1年中のUVケアは今や当たり前。

でも、日焼け止めを毎日使うのは肌に負担がかかりそうで・・・と思っていませんか?

そんな人におすすめしたいのが「ノンケミカル」の日焼け止めです。

ノンケミカルの日焼け止めなら、肌への負担をおさえながら気になる紫外線をカットできますよ。

この記事では、人気のノンケミカル日焼け止めアイテムの比較と、自分に合った日焼け止めの選び方をご紹介します!

プチプラからこだわりの無添加まで!市販のノンケミカル日焼け止め・人気商品の比較一覧♪

この記事で比較したノンケミカルの日焼け止めは、全部で45アイテム。

ノンケミカル の日焼け止めは、中心価格帯が2,000円〜5,000円で、普通の日焼け止めと比べるとちょっと高額です。

日焼け止めは毎日使いたいですから、あまり高いとお財布に優しくないですよね。

そして、ノンケミカルの日焼け止めを使いたい人は、肌への優しさも重視しているかと思います。

そこで、

  • 価格と内容量
  • SPF/PA値
  • 化学添加物などの安全性

という3つのポイントに注目して比較してみました。

商品 価格 SPF/PA 安全性
24h cosme
24 ミネラルUVベース40

24H UV

3,780円
(30ml)
SPF40/PA+++ 化学成分無添加
天然由来成分だけで作られたローションタイプの日焼け止め。石鹸で簡単に落とせるので、赤ちゃんから大人まで使えるます。化粧下地にもOK。
商品 価格 SPF/PA 安全性
CAC化粧品
ベーシック UVブロッカー

CAC-UV
9,720円
(120g)
SPF15/PA++ 化学成分無添加
防腐剤をはじめとした添加物を一切使っていない、1回使い切りタイプの日焼け止め。ちょっとした刺激にも弱い敏感肌の人におすすめ。
商品 価格 SPF/PA 安全性
DHCボディ
サンスクリーンミルク

dhc-UV
1,852円
(80ml)
SPF30/PA++ フェノキシエタノール
合成ポリマー使用
肌にやさしいボディ専用日焼け止め。ナノ粒子化した天然由来の紫外線防止成分が肌をしっかりと覆い、強い紫外線からも肌を守ってくれます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
dプログラム
アレルバリア クリーム

d-pro
3,240円
(35g)
SPF30/PA+++ フェノキシエタノール
合成ポリマー使用
独自の「アレルバリアテクノロジー」で、紫外線だけでなく空気中の微粒子や目に見えない汚れからも肌を守ります。伸びが良くしっとりとした質感。
商品 価格 SPF/PA 安全性
HANAオーガニック
ウェアルーUV(日焼け止めベース)

HANAオーガニック
4,320円
(30ml)
SPF30/PA++ 化学成分無添加
天然成分100%で、乳液のような軽い使い心地の日焼け止め。紫外線や大気汚染、ブルーライトなどの外的ダメージから肌を守り、肌の炎症を予防してくれます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
Larネオナチュラル
UVホワイトプロ

LAR-UV
2,894円
(30ml)
SPF24/PA++ ノンナノ粒子
化学成分無添加
ヘチマ水をたっぷり使用したオーガニックな日焼け止め。UVケアだけでなく、保湿やメイク下地としてもおすすめ。オールシーズン使えます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
MIMC
ナチュラルエイジングケア
ミネラルパウダーサンスクリーン

MMC日焼け止め
6,804円
(7.1g)
SPF50+/PA++++ ノンナノ粒子
化学成分無添加
ミネラルファンデの有名メーカー開発のパウダータイプの日焼け止め。紫外線カット力がパワーアップし、あらゆる外的刺激から肌を守ってくれます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
アクセーヌ
スーパーサンシールド
ブライトフィット

アクセーヌ
3,240円
(40g)
SPF50+/PA++++ フェノキシエタノール
合成ポリマー使用
乳液タイプの日焼け止め。肌にぴったりとフィットし、紫外線をカットしながら潤いとキレイを長時間キープします。
商品 価格 SPF/PA 安全性
アスカコーポレーション
TN UVWサンスクリーン

アスカUV
1,480円
(30g)
SPF30/PA++ ノンナノ粒子
化学成分無添加
水素水などの新成分をプラスし、UV対策と美肌ケアが同時にできる美容液タイプの日焼け止め。肌にハリを与えるツボクサの成分を配合しています。
商品 価格 SPF/PA 安全性
アムリターラ
オールライトサンスクリーンパウダー

アリムターラ
4,644円
(10g)
SPF38/PA+++ ノンナノ粒子
金属コーティング
化学成分無添加
美容天然ミネラル「酸化セリウム」を使用したパウダータイプの日焼け止め。プレストタイプなので持ち歩きや化粧直しに便利です。
商品 価格 SPF/PA 安全性
アンドフリー
センシティブUVクリーム

アンドフリーUV
1,399円
(30g)
SPF50+/PA++++ 合成ポリマー使用
敏感な肌を強い紫外線から守りながら肌の潤いも持続させる、高保湿なクリームタイプの日焼け止めです。
商品 価格 SPF/PA 安全性
イヴデュフラン
UV モイストミルク

イヴデュフランUV
1,800円
(30g)
SPF32/PA+++ フェノキシエタノール
合成ポリマー使用
肌に優しい潤い成分を多数配合した、高保湿乳液タイプの日焼け止め。日常使いにおすすめのSPF/PAで、子供の肌にも安心です。
商品 価格 SPF/PA 安全性
ヴァントルテ
ミネラルUVクリーム

ヴァントルテ
3,564円
(30g)
SPF50+/PA++++ ノンナノ粒子
金属コーティング
化学成分無添加
100%自然素材のリキッドタイプの日焼け止め。植物エキスと植物オイルの力で、紫外線をしっかりと防ぎながら肌に潤いを与えてくれます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
ヴェレダ
エーデルワイス UVプロテクト

ヴェレダUV
2,484円
(50ml)
SPF38/PA++ ノンナノ粒子
化学成分無添加
生後1ヶ月から使える天然由来成分100%の日焼け止め。保湿効果の高い植物オイルと植物エキスを配合し、1日中潤いが続きます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
エテュセ
バリアエッセンス
エテュセUV
1,728円
(50ml)
SPF35/PA+++ フェノキシエタノール
合成ポリマー使用
敏感肌にオススメ、肌に優しい設計の日焼け止め。赤ちゃんや子どもにも使えます。化粧下地としても使用OK。
商品 価格 SPF/PA 安全性
エトヴォス
ミネラルUVセラム

エトヴォス
3,456円
(50ml)
SPF35/PA+++ ノンナノ粒子
フェノキシエタノール
合成ポリマー使用
紫外線カットだけでなく、肌のバリア機能強化にも着目した日焼け止め。「ヒト型セラミド」を配合し、お肌のうるおいを守ります。
商品 価格 SPF/PA 安全性
オラクル
デイクリームフィクスプロテクター

オラクルUV
4,860円
(27g)
SPF40/PA+++ 化学成分無添加
紫外線と乾燥のダメージから肌を守るデイクリーム。植物由来の成分が肌にみずみずしさを与えてくれます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
オレゾ ナチュラル
パーフェクトミルクUV

オレゾUV
2,350円
(50ml)
SPF50+/PA++++ 合成ポリマー使用
汗や水に強く、肌なじみの良いミルクタイプの日焼け止め。白浮きしにくく、やさしい使い心地で紫外線をカットします。
商品 価格 SPF/PA 安全性
オンリーミネラル
ミネラルプラス UVミルク

オンリーミネラルUV
3,024円
(28ml)
SPF50+/PA++++ フェノキシエタノール
合成ポリマー使用
光拡散効果で毛穴をカバーしながらUVケアができます。ほんのりピンク色のミルクは白浮きしにくく、化粧下地としてもおすすめです。
商品 価格 SPF/PA 安全性
キュレル
UVローション SPF50+

キュレルUV
1,620円
(60ml)
SPF50+/PA+++ 合成ポリマー使用
乾燥性敏感肌のケアを考え、セラミドを配合。さらっとした乳液タイプで肌なじみが良く、顔や体に伸ばしやすい日焼け止めです。
商品 価格 SPF/PA 安全性
クチュールアップ
サンプロテクション エッセンスクリームUV

クチュールUV
2,808円
(50g)
SPF50+/PA+++ 合成ポリマー使用
美容液に紫外線カット効果を持たせたエッセンスクリーム。スキンケアの感覚で紫外線対策ができます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
グリーンノート
オーガニックUVミルク

グリーンノートUV
3,024円
(30ml)
SPF30/PA++ 化学成分無添加
オーガニック
天然成分100%の肌にやさしいUVミルク。天然ミネラルが肌を紫外線から守り、オーガニック栽培のエーデルワイスエキスが肌に潤いを与えます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
コヨリ
光対策プロテクトUV

コヨリUV
2,677円
(35ml)
SPF50/PA++ フェノキシエタノール使用
紫外線だけでなく、近赤外線やブルーライトによる「光ダメージ」に着目した日焼け止め。徹底的に肌を刺激から守ってくれます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
サンナチュラルズ
エブリデイリッチミルクUV

サンナチュラル
7,020円
(80ml)
SPF50/PA+++ フェノキシエタノール
合成ポリマー使用
肌にハリやツヤを与えるスキンケア効果の高い「美容液タイプ」の日焼け止め。強力な紫外線カット力で夏の強い日差しでも安心です。
商品 価格 SPF/PA 安全性
サンメディックUV
デイプロテクト(ノンケミカル)

サンメディック
3,240円
(30g)
SPF31/PA++ フェノキシエタノール使用
資生堂独自の「光スタミナ技術」で、長時間でも効果が持続する日焼け止め。子どもも使える低刺激処方です。
商品 価格 SPF/PA 安全性
チャント ア チャーム
UVフェイス&ボディプロテクター

チャントアーム
3,024円
(80ml)
SPF43/PA++ ノンナノ粒子
化学成分無添加
肌へのやさしさをとことん追求した完全無添加の日焼け止め。化学成分を使用していないので、赤ちゃんや敏感肌の方も安心して使用できます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
デルファーマ
マイルドUVプロテクション

デルファーマUV
3,024円
(40g)
SPF28/PA++ フェノキシエタノール
合成ポリマー使用
刺激を抑えた日焼け止めで、敏感肌の人にもおすすめ。白浮きしにくく、潤いを保つ使用感です。子どもや男性もOK。
商品 価格 SPF/PA 安全性
ドクターシーラボ
ベビーUVクリーム

ドクターUV
1,296円
(30g)
SPF30/ PA++ 合成ポリマー使用
ベビー向けの日焼け止めですが、敏感肌・乾燥肌の人にもおすすめ。皮膚のバリア機能が未熟な赤ちゃんの肌のための低刺激処方です。
商品 価格 SPF/PA 安全性
トリロジー
バイタル モイスチュアライジング
クリーム

トリロジーuv
6,480円
(50ml)
SPF15 ノンナノ粒子
金属コーティング
フェノキシエタノール使用
SPF値は低めですが、ナノ粒子不使用・金属化合物はコーティング済みで、毎日使っても肌に負担をかけにくい日焼け止めクリームです。
商品 価格 SPF/PA 安全性
ナチュラグラッセ
UVプロテクションベース

ナチュラルグラッセ
3,456円
(30ml)
SPF50+ PA+++ 化学成分無添加
光ダメージから肌を守ってくれるUV化粧下地。潤い成分と自然なツヤ感で、UVケアをしながら肌がトーンアップします。
商品 価格 SPF/PA 安全性
ナビジョン
DR TAマイルドプロテクトUV

ナビジョンUV
3,888円
(30ml)
SPF40/PA+++ フェノキシエタノール使用
メラニンの生成をおさえてシミ・ソバカスを予防する薬用サンスクリーンです。紫外線から肌を守りつつ、美白効果も期待できます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
ニールズヤード レメディーズ
ナチュラルUVプロテクション

ニールズUV
3,780円
(40ml)
SPF30/PA+++ 化学成分無添加
さらっとした質感で白浮きしにくいオーガニック日焼け止め。植物エキスの力で肌をケアしながら、紫外線から肌を守ります。
商品 価格 SPF/PA 安全性
ニベアサン
プロテクトウォーターマイルド

ニベアUV
734円
(30ml)
SPF50+/PA+++ パラベン
合成ポリマー使用
ベタつき感がなく、肌への負担も少ないミルクタイプの日焼け止め。乾燥しやすい肌にうるおいを保ちながらUVケアができます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
パックスナチュロン
UVクリーム

パックス
864円
(45g)
SPF15/PA++ 化学成分無添加
石けんで乳化したシンプルな日焼け止めクリーム。オリーブスクワラン、カミツレエキス、グリセリンを配合でし、しっとりした使い心地です。
商品 価格 SPF/PA 安全性
フリープラス
UVボディプロテクター

フリープラス
2,700円
(50ml)
SPF29/PA++ 合成ポリマー使用
赤ちゃんから大人まで使える日焼け止め乳液。低刺激処方でも紫外線をしっかり防いでくれます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
ブルークレール
UVラグジュアリーデイクリームII

ブルークレール
5,130円
(35g)
SPF23/PA++ ノンナノ粒子
金属コーティング
化学成分無添加
紫外線をはじめとした光ダメージだけでなく、花粉やPM2.5などあらゆる刺激から肌を守ってくれる、クリームタイプの日焼け止めです。
商品 価格 SPF/PA 安全性
ママバター
UVケアミルク

ママバター
1,836円
(60ml)
SPF30/ PA+++ フェノキシエタノール使用
伸びが良くベタつかない乳液タイプの日焼け止め。子どもの肌にもさっと塗れます。外出先での塗り直しにも便利。
商品 価格 SPF/PA 安全性
ローレ
UVウォーターミルク
グリーンフォレスト

ローレUV
1,296円
(30ml)
SPF22/PA+++ 化学成分無添加
さっぱりとした使い心地で、塗った後も肌はサラサラ。天然由来成分にこだわった無添加の日焼け止めです。
商品 価格 SPF/PA 安全性
山澤清
UVケアバーム

山澤UV
3,780円
(30g)
SPF15 ノンナノ粒子
化学成分無添加
良質な天然ミネラル成分が紫外線から肌を守り、ダメージを防ぎます。保湿効果のホホバ油と柔軟性を与えるミツロウで乾燥対策も。
商品 価格 SPF/PA 安全性
資生堂
ドゥーエ(2e)

資生堂ドゥーエUV
2,376円
(40g)
SPF45/PA++++ 合成ポリマー使用
資生堂の中でもより肌が敏感な人向けのライン。肌への刺激をおさえながら、紫外線はしっかりと防いでくれます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
石澤研究所
紫外線予報
ノンケミカルUVジェルN

石澤研究所UV
2,484円
(65g)
SPF30/PA+++ フェノキシエタノール
合成ポリマー使用
敏感肌に負担かけない、優しさにこだわったノンケミカル日焼け止め。つけ心地が軽く、すっと肌になじみます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
大正製薬
コパトーン
UVカットミルクマイルド

コパトーンuv
719円
(40ml)
SPF30/PA+++ フェノキシエタノール
合成ポリマー使用
潤い成分を配合し、デリケートな肌にも優しい日焼け止め。ウォータープルーフですが、石鹸や洗顔料で簡単い落とせます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
無添加工房OKADA
岡田UVミルク

岡田工房UV
3,888円
(50g)
SPF20/PA++ 化学成分無添加
肌に優しい「納得無添加」にこだわった安心設計の日焼け止め。赤ちゃんから大人まで、家族全員で使えます。
商品 価格 SPF/PA 安全性
琉白
月桃UVボディヴェール

琉白UV
3,960円
(60ml)
SPF50+/PA++++ 化学成分無添加
軽いつけ心地で白浮きしない全身用の日焼け止めです。スキンケア成分配合で肌に優しいのに高SPF値が嬉しいアイテム。
商品 価格 SPF/PA 安全性
和光堂 ミルふわ
ベビーUVケア毎日のお散歩に

和光ベビーUV
702円
(30g)
SPF21/PA++ フェノキシエタノール
合成ポリマー使用
母乳にも含まれる保湿成分(オリゴ糖・リン脂質・イノシトール)を配合。ベビー向けですが、潤いを保ちながら紫外線から肌を守ってくれます。

ノンケミカル日焼け止め45アイテムから選んだランキングTOP5!

チャント ア チャーム UVフェイス&ボディプロテクター

チャントアーム

天然オイルとハーブの力で、肌を潤しながらしっかりUVケア!

肌へのやさしさをとことん追求する無添加化粧品ブランドの日焼け止め。乳液のようなみずみずしい使い心地で、日焼け止め特有のベタつきが気になりません。100%自然成分で、赤ちゃんや敏感肌の人でも使用OKです。

価格 3,024円(80ml)
SPF/PA SPF43/PA++
おすすめポイント 化学成分無添加・ノンナノ粒子
特徴 ・顔・体用
・赤ちゃん・子どもOK
・石鹸で落とせる
・公式通販・ネット通販・取扱店で購入
総合評価 ★★★★★
天然オイル・天然ハーブ・天然セラミドをはじめ、肌にも環境にも優しい素材だけで作られた、みずみずしいテクスチャーの日焼け止めです。赤ちゃんでも使えるほど肌に優しいのに、SPF/PA値は高く、ちょっとしたレジャーでも十分な紫外線カット力。1年中使っても肌に負担をかけず、しっかりとUVケアができます。

公式サイト

ヴァントルテ ミネラルUVクリーム

ヴァントルテ

ミネラルと植物の力で、紫外線&環境ストレスを強力ブロック

100%自然素材で作られた、リキッドタイプの日焼け止め。エーデルワイスをはじめとした9種類の植物の力で、やさしく肌を守りながら肌を潤します。自然なツヤ感で白浮きしにくく、化粧下地にもおすすめです。

価格 3,564円(30g)
SPF/PA SPF50+/PA++++
おすすめポイント 化学成分無添加・ノンナノ粒子・金属コーティング
特徴 ・顔・体用
・石鹸で落とせる
・公式通販・ネット通販・取扱店で購入
総合評価 ★★★★★
最高基準のSPF/PAを実現しながら、肌への優しさも叶えた優秀な日焼け止めです。化学成分無添加だけでなく、ナノ粒子不使用、金属成分はコーティング済みなので、毎日使っても肌に負担をかけません。しっとりなめらかな乳液のようなテクスチャーで伸びが良く、日焼け止め特有のベタつきや白浮きがないのがおすすめポイントです。

公式サイト

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

ヴェレダUV

日本限定商品!UV対策&保湿を叶えるオーガニック日焼け止め

エーデルワイスエキスが肌を潤し、肌荒れを防ぎながら紫外線をカットしてくれます。天然由来成分だけで作られているので、赤ちゃんから大人まで、もちろん男性が使ってもOK。ナチュラルカラーのクリームタイプです。

価格 2,484円(50ml)
SPF/PA SPF38/PA++
おすすめポイント 化学成分無添加・ノンナノ粒子
特徴 ・顔・体用
・赤ちゃん・子どもOK
・石鹸で落とせる
・公式通販・ネット通販・取扱店で購入
総合評価 ★★★★★
日本人の肌に合わせて開発された、日本限定販売の日焼け止めです。毎日安心して使える天然由来成分100%です。オーガニック認証を受けた植物エキスと植物オイルの配合比率を研究し、使いやすいテクスチャーと保湿効果を実現しています。全身や家族全員で使う人のため、90mlサイズがあるのも便利ですね!

公式サイト

4アムリターラ オールライトサンスクリーンパウダー

アリムターラ

あらゆる光から肌を守る・パウダータイプの優しい日焼け止め

日焼け止めによく使われる酸化チタンや酸化鉄を使用せず、より肌に優しい「酸化セリム」を使用。紫外線だけでなくブルーライトや近赤外線のダメージも防ぎます。化粧直しに便利なプレストパウダータイプです。

価格 4,644円(10g)
SPF/PA SPF38/PA+++
おすすめポイント 化学成分無添加・ノンナノ粒子・金属コーティング
特徴 ・顔・体用
・石鹸で落とせる
・公式通販・ネット通販・取扱店で購入
総合評価 ★★★★
プレストパウダータイプの日焼け止めは、塗り直しが簡単で化粧直しにも便利!肌のベタつきをおさえてサラサラ肌にしてくれます。肌に乗せると透明感が出るので、ボディに使っても自然な仕上がりです。ミネラル成分はナノ化せず、天然のオイル成分でコーティングされているので、肌への負担が少なくなります。

公式サイト

5アスカコーポレーション TN UVWサンスクリーン

アスカUV

美容液のような使い心地!UVケアと美肌ケアを同時に叶えます

水素水など美肌のための新成分を配合し、UVケアをしながら日常のストレスに疲れた肌を癒します。化学成分無添加で赤ちゃんから大人まで安心。ツヤ・ハリ効果の高いツボクサエキス配合で、年齢肌にもおすすめです。

価格 1,480円(30g)
SPF/PA SPF30/PA++
おすすめポイント 化学成分無添加・ノンナノ粒子
特徴 ・顔・体用
・赤ちゃん・子どもOK
・石鹸で落とせる
・公式通販・ネット通販で購入
総合評価 ★★★★
全成分の由来となる原料まですべて公開しているアスカコーポレーションの、オーガニックシリーズの日焼け止めです。肌に合わない成分がある人も原料を確認できるのが嬉しいですね。使用感は軽めで、化粧下地として1年中使えます。肌に優しい無添加化粧品なのに、このプチプライスなのがおすすめポイントです!

公式サイト

一番おすすめのノンケミカル日焼け止めは「チャント ア チャーム・UVフェイス&ボディプロテクター」!

チャントアチャームUV

チャント ア チャーム・UVフェイス&ボディプロテクターの5つのおすすめポイント!
  • 肌に優しいのにSPF/PA値が高い
  • 自然成分100%で安心
  • 乾燥から肌を守る無農薬ハーブと天然セラミド配合
  • ナノ粒子不使用で肌に負担をかけない
  • 透明感があって白浮きしない

この記事でイチオシのノンケミカル日焼け止めは「チャント ア チャーム・UVフェイス&ボディプロテクター」です!

チャントアチャームは「いつも、自然に、美しく」をコンセプトに、人の体と自然環境に優しいオーガニックコスメを作っているブランドです。

UVフェイス&ボディプロテクターは、 赤ちゃんも使えるほど肌に優しく、天然由来成分だけで作られています。

それでいて、SPF43/PA++の高い紫外線カット力をそなえ、1年中しっかりとUVケアをしたい人にぴったり。

伸びの良い乳液タイプで肌につけると透明感が出るので、化粧下地にもおすすめですよ!

公式サイト

「ノンケミカル」の日焼け止めとは?特徴とメリットを徹底解説!

さて、「そもそも『ノンケミカル』の日焼け止めって何?」と思いませんか?

日焼け止めには大きく分けて「ケミカル」と「ノンケミカル」の2種類があります。

その違いを大まかにまとめたのが、こちらの表です。

ケミカルの日焼け止め ノンケミカルの日焼け止め
紫外線カットの仕組み 紫外線吸収剤 紫外線散乱剤
紫外線カット力 強い 弱い
肌への負担 大きい 少ない
白浮き 白浮きしにくい 白浮きしやすい
ウォータープルーフ ウォータプルーフが多い ウォータープルーフが少ない
オフ 落としにくい 落としやすい

一番大きな違いは、紫外線カットの仕組みです。

一般的に、 肌に負担が大きいと言われている「紫外線吸収剤」を使用せず、「紫外線散乱剤」を使っている日焼け止めがノンケミカルと呼ばれています。

具体的にはどのように違うのか、日焼けのメカニズムと合わせて確認していきましょう!

SPF50/PA++++は本当に必要?日焼けと日焼け止めのメカニズム

SPFとPメカニズム
日焼け止めのパッケージには必ず「SPF○○・PA++」という表示がありますよね。

これは「紫外線の防止効果がどれくらいあるか」を表す数値です。

紫外線にはA波・B波・C波の3種類がありますが、日焼け止めでカットできる紫外線はA波とB波です。

A波は肌の真皮にまで届いて、コラーゲンやエラスチンなど、肌の保湿と弾力に欠かせない成分を破壊します。

季節にかかわらずほぼ一定量で、曇り空や窓ガラスでも遮れないため、肌の老化に大きなダメージを与えます。

「1年中UV対策が必要」と言われるのは、このA波のためです。

多くの人が「日焼け」と聞いてイメージする、肌が赤くなる・黒くなるのはB波の働きです。

B波を浴びた肌はメラニン色素を生成しますが、メラニンが過剰に生成されるとシミやそばかすの原因になります。

ちなみにC波はほとんど地上に届きませんが、オゾン層の破壊で一部の地域では降り注ぐことがあり、皮膚ガンなどの病気の原因として危険視されています。

SPFとは

SPFはサンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の頭文字をとったもので、紫外線B波を防ぐ力を表しています。

SPFは数字が大きいほど、肌が日焼けするまでの時間を伸ばします。

たとえば、「SPF30」普通に紫外線に当たる30倍の時間、日焼けを遅らせる効果があるということです。

紫外線が当たって日焼けするまでの時間は、個人差はありますが10分〜30分程度です。

20分で日焼けが始まる人が、SPF30の日焼け止めを使った場合、

20分×30倍=600分(10時間)

となり、理論上は10時間日焼けを遅らせることができます。

ただ、日焼け止めは時間とともに効果が減るので、 実際には日常の生活でSPF30前後、屋外で1時間以上のレジャーやスポーツをする時はSPF50程度が必要と言われています。

PAとは

PAは、プロテクショングレイドオブUV-A(Protection Grade of UVA)のことで、UV-A波を防ぐ力を表しています。

その効果は+〜++++まで4段階あり、数が多いほど効果が高くなります。

先ほども解説した通り、A波は1年中UV対策が必要です。

紫外線による肌老化を気にしている人や、窓辺や屋外で活動することが多い人は、PAの数値を重視しましょう。

ケミカルとノンケミカルの大きな違いはココ!

プロテクト

ケミカルとノンケミカルの一番大きな違いは、紫外線をカットするために配合されている「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」です。

紫外線吸収剤は化学合成された成分で、紫外線を吸収して化学反応を起こし、熱や赤外線に変えて紫外量を減らします。

肌の上で化学反応を起こすので、その反応が肌の負担になることがあります。

化学反応が進むと効果が減っていくので、数時間おきに塗り直しが必要です。

また、化学成分に弱い敏感肌の人は、紫外線吸収剤自体が肌に合わず、肌トラブルの原因になることもあるようです。

紫外線散乱剤は、肌の上で鏡のように紫外線を反射する成分です。

これは酸化チタンや酸化亜鉛など、天然由来の粉状の成分で、ファンデーションやフェイスパウダーの色付けにも使われています。

光を反射する性質を利用しているだけなので、肌への負担が少なく、時間が経っても効果は変わりません。

ただ、汗や水ですぐに落ちてしまうので、紫外線吸収剤を使っている日焼け止めよりもこまめな塗り直しが必要です。

紫外線吸収剤のメリット・デメリット

紫外線吸収剤は肌への負担が大きいとは言われていますが、悪いところばかりではありません。

メリットとしては、

  • 紫外線カット力が強い
  • 水や汗に強い
  • 白浮きしにくい

という点があり、伸びや持ちが良いので、化粧下地として日常的に使うことができます。

デメリットとしては、

  • 肌への負担が大きい
  • 石鹸で落としにくい

という点があるので、肌トラブルが多い人や敏感肌の人は避けたい成分です。

紫外線散乱剤のメリット・デメリット

紫外線散乱剤の最大のメリットは、やはり

  • 肌への負担が少ない

という点でしょう。

他にも、

  • パウダーやスプレータイプは塗り直し・メイク直しが簡単
  • 石鹸で簡単に落とせる

というメリットがあり、少しでも肌への刺激を避けたい人にぴったりです。

その反面、

  • こまめな塗り直しが必要
  • 白浮きしやすい

というデメリットもあるので、使い方に工夫が必要です。

ノンケミカル日焼け止めを上手に使うコツは、のちほどご紹介します!

ノンケミカルの日焼け止めは石鹸で落ちるので、赤ちゃんや子どもにもおすすめ

子供

以上のことから、ノンケミカルの日焼け止めは肌への負担が少ないということがお判りいただけたと思います。

美肌を気にする女性だけでなく、肌がデリケートな赤ちゃんや子どもが使っても安心です。
(※商品によっては乳幼児の使用を推奨ていないこともあります。必ず使用前に確認しましょう!)

特に、敏感肌・乾燥肌で日焼け止めはちょっと・・・と思っていた人におすすめしたいアイテムです!

スプレー・パウダーは便利?あなたにぴったりのノンケミカル日焼け止めの選び方

では、実際に自分に合ったノンケミカルの日焼け止めを選ぶには、何を基準にすれば良いでしょうか?

選び方のポイントは次の4つです。

【選び方1】必要なSPF・PA値で選ぶ

SPF30と50
SPFやPAは数値が高ければ良いというわけではありません。

例えばSPF50の日焼け止めを使ったとして、その効果は日焼けに20分かかる人なら16時間!

そんなに長時間の効果は必要ないですよね。

そもそも日焼け止めは数時間に1度は塗り直さないと十分な効果を発揮してくれません。

SPF/PA値が高いほど肌への負担も大きいですから、 普段使いの日焼け止めはSPF30以下をこまめに塗り直す方が効果的です。

逆に、強い日差しの下でのレジャー、マリンスポーツ、長時間塗り直しが難しいシーンでは、SPF50〜の日焼け止めでしっかりと紫外線を防ぎましょう。

【選び方2】日焼け止めのタイプ・使いやすさで選ぶ

日焼け止め形状
日焼け止めにはさまざまなタイプがあるので、使いたい部位やシーンによって複数を使い分けると良いでしょう。

クリームタイプは、肌に密着しやすく崩れにくいので化粧下地に向いています。
保湿力が高いので、肌が乾燥しやすい人におすすめです。

ミルク・乳液・ローションタイプは毎日のスキンケアに取り入れやすいアイテムです。

伸びがよく摩擦が少ないので、敏感肌の人におすすめです。

スプレータイプは手を汚さずに手軽に使えて、塗り直しが簡単です。

他のタイプの日焼け止めと併用しても良いので、外出先でこまめに塗り直したい人におすすめです。

パウダータイプはメイクの上から重ねて使えるので、塗り直しの際にメイクを落とす必要がありません。

石鹸で簡単にオフできて、肌への負担も少ないアイテムです。

【選び方3】肌への優しさで選ぶ

肌へのやさしさ
ノンケミカルの日焼け止めを探してこの記事にたどり着いたなら、きっと肌への刺激を気にしているでしょう。

1年中毎日UVケアをしたい人にとって、肌への優しさはとても重要です。

添加物が入っているか

  

添加物の中でも気をつけたいのが、

  • 合成界面活性剤
  • 合成の防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール等)
  • 合成ポリマー

などの肌に刺激を与える化学成分です。

乾燥肌、敏感肌、アトピーなど、肌への負担を避けたい人は、できるだけ添加物が少ないものを選びましょう。

天然由来の成分だけで作られた無添加ブランドの日焼け止めもおすすめですよ!

ウォータープルーフは便利だけど気をつけて

汗・水に強い=落としにくいということです。

落ちにくくするための成分が肌に刺激を与えることもありますし、オフするのにも専用のリムーバーが必要だったり、ウォータープルーフは肌に負担がかかります。

汗をかきやすい真夏や、プール、マリンスポーツ以外は、本当にウォータープルーフ機能が必要か、よく検討しましょう。

ノンナノ粒子や金属コーティングであればなお良し

化粧品に使われるナノ粒子とは、100ナノメートル以下の粒子のことです。

1nm=0.00001mmですから、髪の毛の太さよりも小さな粒子です。

ナノ粒子は日焼け止め以外にもさまざまな化粧品に使われていて、肌への浸透を良くしたり、より自然に肌になじませる効果があります。

ノンケミカル日焼け止めに使われる酸化チタンなどの金属酸化物は、粒子を小さくすることで肌への密着度が上がり、白浮きしにくくなります。

ただし、肌に金属酸化物が密着する影響や、ナノ粒子が体のどこまで浸透するのかなど、安全性については今のところはっきりとした答えが出ていません。

その不安を取り除くため、金属酸化物の表面を肌に害を与えない物質でコーティングしたアイテムが増えてきています。

これは、植物由来の成分などで金属酸化物をコーティングし、肌に直接触れないようにする仕組みです。

コーティングすることで質感が滑らかになり、白浮きを防ぐ効果もあるので一石二鳥ですね

ナノ粒子と金属コーティングによる肌への負担は、

コーティング済・ノンナノ粒子<コーティング済・ナノ粒子≦非コーティング・ノンナノ粒子<非コーティング・ナノ粒子

この順に肌への負担が少ないと考えられています。

【選び方4】「ドラッグストアで気軽に買えるか」で選ぶ

薬局

ドラッグストアで買える=欲しい時にすぐ買える、気軽に試せるということです。

毎日使う人は日焼け止めの残量にも気をつけたいですよね。

同じものを使い続けている人でも、通販でしか手に入らない場合は届くまでの日数も考慮しておきましょう。

もっと効果的に!ノンケミカル日焼け止めの正しい使い方

使用感にデメリットがあるノンケミカル日焼け止めでも、少し工夫をすれば効果的に使うことができます。

そのポイントを3つご紹介します!

塗る前にしっかり保湿・特に顔は必須!

顔の保湿

これは全ての日焼け止めに共通することですが、日焼け止めは成分の特性上、どうしても肌が乾燥しやすくなります。

日焼け止めを塗る前には、必ずしっかりと保湿をしましょう。

特に顔はメイクが崩れにくくなりますし、オフもしやすくなります。

塗り直しはこまめにしよう!

パウダータイプ

紫外線散乱剤は紫外線を浴びても効果は変わりませんが、汗や水で簡単に落ちてしまいます。

目安としては2-3時間に1回は塗り直しが必要です。

パウダータイプはメイクの上からでも塗り直せるので、他のタイプをメインに使っていても、1つ持っていると便利ですよ!

日焼け止めを白浮きさせないコツ

おすすめのコツ
ノンケミカル特有の白浮きが気になる人は、次のことを試してみましょう。

保湿をして塗りムラを防ぐ

保湿が十分でない肌に日焼け止めをつけるとムラになりやすく、多くついた部分が白浮きします。

しっかりめに保湿をして、ムラなく肌に伸ばしましょう。

薄くつけてから重ね塗り

必要量を一度に塗ろうとすると、これもムラの原因になります。

少しずつ肌に伸ばして、重ね塗りで必要量を使い切るようにしましょう。

上手に塗れない!という人は、リキッドファンデーションのようにスポンジを使うと簡単ですよ。

メイクとの組み合わせを工夫する

メイクの順番のどこで日焼け止めを塗るか、意外と悩んでいませんか?

基本的には「スキンケアの後・化粧下地の前」 が正解です。

化粧下地やファンデーションを重ねることでよりUVカット効果を高められます。

ただ、塗り重ねが白浮きにもつながるので、

  • 下地機能のある日焼け止めは、化粧下地を省く
  • ファンデーション、BBクリーム機能のある日焼け止めは、パウダーだけで仕上げる

など、過剰な塗り重ねを避けましょう。

化粧下地やファンデーションの色を変えるという方法もあります。

美白効果のあるブルー・グリーン系の化粧下地は、日焼け止めと組み合わせると不自然に白くなってしまいます。

血色の良くなるピンク系、肌の色に影響のないクリアタイプがおすすめです。

ファンデーションはワントーン暗めにすると白浮きが防げます。

あまり暗めにするとくすんで見えるので、「顔と首の境目に塗って不自然でない程度」を目安にしましょう。

まとめ

これでノンケミカル日焼け止めのおすすめランキングを終わります。

ノンケミカルの日焼け止めは

  • 肌に優しい
  • 落とすのが簡単
  • メイクの上から塗り直しができるパウダー・スプレータイプが便利/li>

こんなメリットがあることがおわかりいただけたと思います。

もちろんすべてのノンケミカル日焼け止めが安全で、ケミカルの日焼け止めはダメ!というわけではありません。

でも、比較してみると肌への負担が少ないですから、日頃から肌トラブルや敏感肌を気にしている人には、やはりノンケミカルをおすすめします。

この記事は参考になったでしょうか?

紫外線が気になる季節を前に、ぜひ自分に合った日焼け止めを見つけてくださいね!